塩漬け株の有効活用!貸株をやってみた。【楽天証券】

こんにちは^^塩漬け株を生み出すのが得意なさらいえです!

おもち
おもち

塩漬け株とは損切しそこねてずるずる長期保有してしまっている銘柄のこと。

株は初心者なのですが、今年に入ってから塩漬け株を少しでも有効活用すべく貸株というものを利用しはじめました。

最初は難しそうなイメージでしたが設定も簡単毎月入金があって嬉しいのでもっと早くやればよかったー!と思っています。

さらいえ
さらいえ

貸株に興味がある方、塩漬け株を保有している方はぜひ読んでみてください☆

貸株サービスって何?

貸株サービスとは自分が保有している株を証券会社に貸出すことで、毎月利息(貸株金利)が受け取れるサービスのことです。

さらいえ
さらいえ

証券会社に保有株を貸したら毎月レンタル料がもらえるということです!

貸株サービスで得られる利益は、利用する証券会社によって違います。また保有する銘柄、保有時期によっても変わってきます

貸してたら売りたい時に売れないんじゃないか?という気がしますがそんなことはなくいつでも売却することができます

実際に貸株中の株を売却しましたが通常と同じように売却できました。

私は(3747)インタートレードを塩漬け株として保有しています。

こちらは配当がなく優待はあるけど使わないな…という困った塩漬け株だったのですが、貸株金利はなんと5%ということが判明!!

今では毎月5%の貸株金利をいただいています。(2020年7月26日現在)

貸株金利は変動があるので、貸株金利を目当てに株を買うのはおすすめしませんのであしからず!!

楽天証券の貸株金利はこちらから確認できます。

貸株サービスは、あくまでも塩漬けになってしまいなんとか活用できないか…という時の救世主なのです。

貸株サービスの注意点

貸株サービスは株主優待・予想有配優先の設定をすると権利付最終売買日には自動で返却してくれるので株主優待と配当金もいただけます。設定をせずにそのままだと貰えないので注意です!

東洋経済新報社提供の株主優待情報がある銘柄であること、予想配当情報が未定で、過去2回の確定配当情報が0円となっている場合は自動返却されない…など色々と条件があるので詳しくは楽天証券のHPで確認してみてください。

もうひとつの注意点は、貸してる間は証券会社のものなので長期保有特典が得られなくなります

例えば3年以上保有で優待がグレードアップする場合など、長期保有特典が狙いならば貸株サービスは利用しないようにしましょう。

私は優待、配当金目当ての銘柄は貸株に出してません。

あくまでも保有してても優待も配当も得られない銘柄の有効活用の為に行っています。

設定の仕方【楽天証券】

私は楽天証券を利用しているので楽天証券での設定方法について説明します。

まずは楽天証券へログインしてください。

メニューの国内株式をクリック。

そうすると右下あたりに貸株サービスとあるのでそこをクリックします。

そうすると貸株一覧・貸出・返却の画面になります。

この画面で貸株に出したい銘柄の未貸をクリックします。(ここではコシダカHDで説明します。)

貸出設定の画面がでてきます。ここですべて貸出すにチェックして取引暗証番号を入力し設定をクリックします。

するとステータスが貸株未設定から振替中に変わります。1,2日くらいで貸株中に変わるのであとは待つだけです。

返却したい時は貸出設定ですべて貸出さないをチェックして同じように取引暗証番号を入力後設定をクリックします。

株主優待と配当金の自動取得の設定は、株主優待・配当自動取得の金利優先をクリックします。

株主優待・予想有配優先をチェック後設定をクリックで完了です。

まとめ

いかがでしたか?

設定は思ったより簡単なので塩漬け株に嫌気がさしてる方はぜひ貸株サービスを利用されてみてください^^

おもち
おもち

塩漬け株を生み出さないほうが大事じゃない?

さらいえ
さらいえ

。。。(正論すぎてなんもいえねえ。)

最後までお読みいただきありがとうございました♡